灰白






   春を止めておきたくて
   
   蝶をピンで刺した

   時を止めておきたくて
 
   花を押し花にかえた

   それでも時は過ぎてゆき.....




   動かない蝶が

   水の枯れた花が

   部屋の中で僕を笑う





   夏を止めておきたくて
 
   貝殻を並べ

   冬を止めておきたくて

   冷蔵庫には雪のウサギ




   貝から聞こえるのは

   海の音なんかじゃなく

   ただ無機質な風の音で
 
   雪のウサギは霜に覆われる




   カチカチという時計の音が

   部屋の中へ響き渡る

   それはまるで

   止められないときの象徴で

   時計を壊す。

   時計を止めても時は止まらない

   空が時を告げてくる

   窓を潰す。




   そして気付く...

   己の心臓も時を刻むものなのだと。










    僕の時間だけが

 
         







         止まった。































×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。