向日葵






   3回目の夏

   君の香り消えて

   思い出の場所消えてく

   そのうち僕も

   君を思い出せ無くなくなる?

   消してしまう

   時が君を

   時が消していく


   

   時計の針が動く度------

   君が消えてく





   辛い…辛いと

   心は悲鳴を上げて

   悲しみは積もる。

   積載の限度まで後少し…………………………………………………………

   

   ……………………………………………………………………………………

   

   ……………………………………………………………………………………

   

   ……………………………………………………………………………………










   






   3年目の夏


   僕は君を消した。































×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。